ないものはない!お買い物なら楽天市場

2018年01月27日

「聲の形」を読んで思ってはいけないことを思ってしまったかもしれない

[聲の形] ブログ村キーワード

漫画「「聲の形」(こえのかたち)を読みました。
ダラダラ続かず全7巻で完結し、人間ドラマが詰まっためっちゃいい漫画です。
たまに読み返したくなる類のマンガ。



内容が面白いのは言うまでもないんですが・・・
ふと、この漫画を読んで読んで「思ってはいけないことを思ってしまった」かもしれない。


それは何か?というと
これってヒロインで聴覚に障害がある西宮硝子がかわいいから成立するストーリーだよな・・・という思い。


もちろん漫画だから登場するヒロインはブスより可愛い方が絶対的にいいのは言うまでもないです。
でももし漫画でも、あるいは現実の出来事でも、聴覚に障害がある女の子がかなりのブサイクだったら


ここまで読者の興味を持ってもらえるか?
人に助けてもらえるのか?
気にかけてもらえるのか?
ドラマティックになるのか?
主人公と相思相愛になれるのか?

→・・・おそらくなれないよなぁ。


もちろん「こんなにヒロインの女の子が可愛いのは現実的じゃない!!」
なんて批判する気は一切なくて、
やっぱり女性は(素質はそれぞれだろうけど)見た目を磨かないと人生の色々な面でドラマティックになりづらそう、なんて現実的なことを思ってしまった。



ちなみに女性の見た目による格差はどれくらいの損得を生むか?
についての統計学的調査は多数行われています。
で、どれくらいの損得の差があるかというと、


・美人は普通の人に比べて収入が8%ほど多い

・ブサイクは逆に4%ほど少ない



ことがわかっています。その差12%。
生涯賃金の格差でいうならおよそ3500万ほどの差になります。


だから、収入を多くする上でも人生を輝かせるためにも、女性はやっぱり見た目を磨いた方が有利だろうし、
男は清潔感を持った上で、「聲の形」の主人公のような行動力とか、反省する姿勢とか、中身の良さを磨くべきだよなぁと。


あ、男はそれに加えて成人したら経済力も不可欠ですね。
でもまぁ今時の女性ってキレイな人既に多いし、あとは中身なのかな・・?


ちなみにこの文章を書いてる私は男です。
男なので仕事(経済力)とハート(中身)どっちも魅力的になるようにがんばります。
ラベル:漫画
posted by ふらすこ at 19:07| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする